英語ジョーク:妻がフライパンで殴打

イッツ、ジョークタイム。
“Fraying pan”
Joke about a frying pan – level 3, English texts
分かりますか?
やっぱ途中で固有名詞入るとキツイです。
ん?なに今の?って感じで。
下に原文を貼っておきますので
トライしてみてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
A man is reading his newspaper.
His wife comes to him.
She has a frying pan.
She hits him on the head with the frying pan.
He asks, “Why did you hit me?”
“I saw a paper in your trousers.
There was a name ‘Betty Sue’ on the paper.”
He says, “‘Betty Sue’ is the name of the horse which I want to buy.”
The wife says nothing.
Three days later, the man is reading his newspaper.
She comes to him.
She hits him very hard with a frying pan again.
He asks, “Why did you hit me again?”
She answers, “Your horse called.”
オチ理解できましたか?
私は講師に聞くまで理解できませんでした。
解釈はこういう感じらしいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
男は新聞を読んでいる。
彼の妻がやって来る。
彼女の手にはフライパン。
彼女はそのフライパンで彼の頭をぶん殴った。
彼「なんで殴った!?」
妻「あなたのズボンの中に紙があったわ。
  そこにはベティー・スーっていう名前があるじゃないの」
彼「ベティー・スーは私が買いたかった馬の名前だよ。」
妻は何も言わない。
3日後、彼は新聞を読んでいる。
妻がやって来る。
彼女は彼の頭をもう一度ベリーハードにぶん殴った。
彼「なんでまた殴った!?」
彼女はこう答えた「あなたの馬から電話よ。
押すなよ!絶対押すなよ!
押すなよ!絶対押すなよ!
にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(中年)へ
にほんブログ村

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

フォローしちゃう?