英語スピーチ"It's possible" by Les Brown(和訳)

昨日の記事の続きです。
こんばんわ。
なうなうです。
Great Motivational Speech For Success, I Can Do It, It's Possible
文字起こしから翻訳まで講師の力を借りながら
とりあえず和訳してみました。
グッとくるスピーチです。
———————————–
私たちがこれから夢とゴールについて考えようとしていることは分かっているね。
私の境遇は、貧しいところで産まれ、養子に出され、頭の悪い生徒のレッテルを貼られ
学校では2度落第し、大学にも行けず、メジャーな会社で働いた実績も無い。
でも私は価値ある何かを持っていると信じていた。
あなたがしたかったこと、あなたがそれをしないよう自分に言い聞かせたことについて考えたことはあるかい?
それを把握することはとても大切だ。
私は多くの人々が人生で失敗するのは目標を高くして失敗するからではないと分かった。多くの人々は私が長年やってきたようにやったから失敗した。
彼らが達成したのは低く設定した目標だった。
彼らは自分自身を信じなかった。
だからあなたにはもう一度立ち戻って自分の夢を見つめなおして目標を高く設定して欲しい。
そして私と一緒にこう言って欲しい。
It’s possible
It’s possible

私はできるんだ
私はそれを叶えることができるんだ
どんなに難しいことでも
どんなに最悪の状況に陥っても
私はそれをやってのけてみせるんだ
It’s possible
そうだ、君の夢は叶うんだ。
そうやって毎日自分自身に言い聞かせるんだ。
あなたが書いた言葉で、あなたが聞いた言葉で、あなたが自分自身に話した言葉であなたの心を豊かにするんだ。あなたの信念を豊かにし疑う心を消し去ろう。
こう言うんだ。

It’s possible
It’s possible
It’s possible

確かな自信が無い時でもこう言うんだ。
It’s possible
こうやって鍛え上げた心ほど強力なものはない。
しかしそれは時に苦しい闘いになるだろう。
特にあなたの周りの人間が「絶対できないよ」「君には無理だ」という時。
そして絶えずあなたの過去の失敗を指摘しあなたに何のメリットもないことを思い出させる時。
そう・・・こんな話がある。
2人の幼い少年の話だ。

彼らは冬に池の氷の上で遊んでいたんだ。
彼らはどんどん岸から遠くへ行ったもんだから
薄い氷が割れて1人が落ちてしまった。
もう1人の幼い少年は相棒を助けようとした。
でも相棒に手が届かない。
相棒はどんどん沈んでいく。
少年は薄い氷の向こう側にもがきながら沈んでいく相棒を目にした。
相棒に手は届かない。
少年は氷を割ろうとした。
しかし割れない。
少年があたりを見回すと
遠くに大きな木が見えた。
彼は走った。
そしてその木によじ登ると
考えられないほど巨大なサイズの枝をへし折り
相棒の元に駆け戻ると狂ったように氷を壊し始めた。
そして奇跡的に少年は相棒を氷の上に引きずり出せた。
そしてその場に到着した救急隊員の処置により相棒は息を吹き返した。
救急隊員らは頭をかきながらこう言った。
“いったいこの幼い少年がどうやって
あの遠くにある木によじ登り
こんな巨大な枝をへし折り
さらにそれをここまで持ってきて
この氷を叩き壊し
相棒を救い出したのか。
一体どうやったんだ?考えられない。”

彼らはもうそれは奇跡としか思えなかった。
するとその場にいた老人がこう言った。
“どうやったのか教えてやろう”
救急隊員らはこう言った。
“どうやったんだ?”
老人はこう言った。
ここには「お前には無理だ」というやつが誰もいなかったからだよ
—————————————————-
以上
以下は講師がtranscribeしてくれた原文(エジクボ)
—————————————————-
You know as we begin to think about goals and dreams, given my circumstances, born in an abandoned building on a floor, been adopted, been labeled educable mental retarded, failing twice in school, no college training, never worked for a major corporation. To believe that I had something of value. Have you ever thought about something you wanted to do and you talked yourself out of it? It is very important to realize that I, I found that most people fail in life not because they aim too high and miss. Most people fail in life because they did just like I did for so many years. They aim too low and hit. They didn’t believe in themselves. So I want you right now to revisit and look at your goals and dreams and let’s raise the bar and I want you to say with me, “It’s possible. It’s possible. I can do this. I can make this happen. No matter how bad it is or how bad it gets, I’m going to make it. It’s possible.” Yes, your dream is possible. Say that to yourself everyday. Feed your mind with words that you write and words that you hear and words that you speak to yourself. Feed your faith and your doubts will starve to death. Say to yourself, “It’s possible. It’s possible. It’s possible”. Even when you have no evidence to point, say to yourself “Its possible”. There’s nothing as powerful as a made-up mind. It’s a struggle sometimes to do that especially when you have people around you telling you that it’s not possible, that you can’t do it and their constantly pointing out your failures of the past, constantly reminding you of all the things that you don’t have going for you.
I’m reminded of a story of two little boys playing on the ice in winter and as they got further out on this ice, one fell through the thin ice and so the little fella that was still on top of the ice, he was trying to save his little buddy and he couldn’t reach him and was trying to pull him he could see him through the thin ice as he got further away from him struggling and he couldn’t reach him and was trying to break the ice and couldn’t do it and he looked around and he saw a tree in the distance and he ran and he got up on the tree and he pulled and broke down an enormous-sized branch and came back and savagely began to beat that ice and broke it and miraculously, he saved his friend and when the paramedics came and they were able to revive this little boy, they were scratching their heads trying to figure this out saying how could this little puny fella go up a tree and break off a branch this size and then come back and beat and break the ice and save his friend. They thought it was just miraculously, baffling and an old guy who was there said “I can tell you how he did it” and they said “How, how did he do it?” and he said “There was no one here to tell him he couldn’t do it.”


Mission Possible
↓エジクボはeducable。良い週末を。
にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
無料体験:レアジョブ英会話
女性限定・初心者専門の英会話スクール

フォローしちゃう?

『英語スピーチ"It's possible" by Les Brown(和訳)』へのコメント

  1. 名前:Lingo-Field 投稿日:2015/04/19(日) 15:26:46 ID:4754176ce 返信

    とてもよく大意を捉えていますよ。
    意味は大して変わらないのですが,ご参考までに一つだけ。
    普通,You have a lot going for you. 「君には(才能や周りの環境も含めて)たくさんプラスに働く要素・条件があるんだよ。」と言って励まします。それに対して,このspeechに出てくるnegativeな発言の例では,They remind you of all the things you don’t have going for you.「(達成するために)必要とする才能や条件とかが君には無いじゃないかと,彼らは言ってくる」といった語感なのだろうなぁ,と思いました。

  2. 名前:なうなう 投稿日:2015/04/19(日) 16:39:27 ID:46b335af7 返信

    ああ、もうまさにそのご指摘の箇所が一番どう訳していいか分かららなかったんです。私は「…失敗を指摘し、あなたにとってどうでもいいことばかり言ってくる時」みたいに解釈してたので、全然違ってましたね(笑)なるほどです。
    こういう和訳はレアジョブの講師の手を借りるわけにもいかないので大変big helpです。Lingo-Fieldさんいつもありがとうございますo(*’▽’*)/